爪水虫を根絶させるなら クリアネイルショット

クリアネイル塗り薬の効き目をよくする3つのコツ!

 

クリアネイルショットを使っている方は、少しでも効き目がよくなるように、色々と工夫されています。
いくつか紹介しておきますね。

 

>>クリアネイルショットの詳細はこちら

 

クリアネイルショットの基本的な使い方は入浴後に足裏全体を洗った清潔な状態で爪とその周りの皮膚を中心に塗ります。

 

クリアネイルショットを使う最適なタイミング

 

入浴後、爪が柔らかくなっている間に塗りつけることが一押しです。
入浴後の皮膚は潤いがありますが、タオル等でよーくよ〜く拭いてから塗ってみてください。
爪や皮膚が潤いがある状況だと有効成分の行きわたりが悪くなって、クリアネイルショットの浸透を妨げることに
なってしまいます。

 

クリアネイル塗り薬の効き目をよくする3つのコツ!

 

 

クリアネイルショットを浸透させるためにベストな塗るエリア

 

爪水虫(白癬菌)が感染して形が変わったり、白くなっていたりする部分に限らずに、

 

爪表面
爪の生え際
爪と皮膚の間

 

この3か所にしみこませることが重要ポイントです。

 

白くなったにごり爪は消えるの?

 

クリアネイルショット使用後にするといいこと

 

クリアネイル使いだしたよ!(北の達人コーポレーション)レビュー

 

クリアネイルショットは爪表面・爪の生え際・爪と皮膚の間に塗り終わった後は確実に丁寧に水気を
なくしましょう。
この方法も需要なので忘れないでくださいね。

 

クリアネイルは毎日、1日1回続けて使うことが大事です。
入浴後の習慣にしてしまうと継続が簡単です。

 

1日2回で利用する場合は翌朝はティッシュなどで表面を拭いてから塗ると、少しは乾きが早くなります。
深爪ぎみにしながら毎晩塗り続けて4か月で普通の爪に戻りました。

 

爪水虫を根絶させるには、毎日続けることが大事です。

 

根部よくついた爪水虫(白癬菌)にしっかりとアプローチしてくれる
「浸透力特化型」のクリアネイルショットです。

 

なぜ上記に書いたような使い方をすると効き目がよくなるの?

 

爪はたんぱく質からできていています。皮膚のたんぱく質とは違って、硬いたんぱく質でできています。
何かが入り込むのは難しい性質なのです。

 

どんなにいい成分でもしんとうしなげれば意味がありませんね。
爪水虫に感染した爪の表面が硬くなってしまっています。

 

爪の表面には「親油性・しんゆせい)の膜があって油に馴染みやすい特性があります。

 

クリアネイルショットはこの特性を十分に生かして、オイルで包み込む「浸透力特化型製法」で
作られています。
このオイルはスクワラン・アボカドオイルが使われています。

 

硬くなってしまった爪に有用成分をしっかりと浸透させるために水気はしっかりととってから塗布すると効果が見れた方が多かったようですね。

 

 

>>クリアネイルショットの詳細はこちら