爪水虫を根絶させるなら クリアネイルショット

爪水虫は削ると大変なことに!お爺ちゃんが塗り薬クリアネイルショットを使ってみた

 

>>クリアネイルショットの詳細はこちら

 

私のおじいちゃんが爪水虫になっていて、自力で治そうとロートがだしている「エクシブ」という水虫治療薬を使っていました。
市販の薬は効かないのかな・・

 

昔の人は強いから少々のことでは病院にはいかないです。

 

爪水虫になっている足に薬を塗っている様子を見ていると、爪を削ってるんです。
「爪の奥に薬がいきやすいように」と話してました。

 

何気に見ていたのですが、あとで「爪削ったりしたら小さな白癬菌が手についたり周りに飛び散ったりしないのかな?」と
思ってたんです。

 

私はクリアネイルショットを知って、買ってあげたいと思いました。

 

爪水虫の再発させる原因となる白癬菌の正体とは?

 

私も目ですが流行り目になったことがあるのですが、最初は左目、治りかかったと思ったら今度は右目にうつってしまいました。
医師に注意されて、タオルや目をこすらないようにだとか、触れないようにだとかすごく注意していたのに・・
人間、何気に動かしている手や足でどかに触れてるものなのです。

 

数日後、おじいちゃんが「足の爪がボロッとはがれた・・手の爪にも水虫が広がってしまった・・」
と言ってるのです。

 

こうなったら最悪です。爪水虫は奥のほうまで広がって問題は根深いんですよね。
爪水虫専用の浸透力に特化したクリアネイルショットで根気強く治療すれば治ります。

 

爪を削るのは絶対にやめてくださいね。

 

爪は傷つきやすい指先を保護するためにあるものです。細菌の侵入に備えているのに、爪の表面を削ってしまうと、爪水虫(白癬菌)はくせんきんが、入りやすくなってしまいます。

 

 

それを触った手や顔や口、喉の炎症や喘息につながることもあります。
頭皮に付着して脱毛になる可能性も・・

 

爪を削らなくても、浸透型の爪水虫専用の薬があるんです。
商品名は「クリアネイルショット」

 

爪の水虫が完治すると評判!「クリアネイルショット」口コミ

 

市販の水虫の薬はあまり効かない、再発するといったことをよく耳にしますが、「クリアネイルショット」は爪への浸透力を考えて開発されました。

 

クリアショットは油に馴染む特徴をもっています。
油性ペンが手についたら中々とれないですよね。
それと同じ原理で、スクワラン・アボカドオイルが使われているんです。

 

浸透力に重視して開発されたクリアネイルショットをおじいちゃんに買ってあげました。
1週間くらいから進行がとまったように感じました。
おじいちゃんも、クリアネイルショットで爪水虫が治ってきてほっとした様子。

 

クリアネイルショット塗り薬の効き目をよくする3つのコツ!

 

まだまだクリアショットのように浸透力を重視した爪水虫の薬は少ないのです。

 

だから再発を繰り返している人が、爪の表面には「親油性・しんゆせい」の膜があるので、有用成分をオイルで包み込んで根深い水虫菌までスピーディにしっかりと浸透することに特化した爪水虫専用のジェル状塗り薬(クリアネイルショット)を使う人が多いのですね。

 

 

>>クリアネイルショットの詳細はこちら