爪水虫を根絶させるなら クリアネイルショット

爪水虫の再発させる原因となる白癬菌の正体とは?

 

>>爪水虫の根本対策「クリアネイルショット」の詳細はこちら

 

爪水虫に一度なると、再発率50%と言われています。

 

爪水虫が再発するのは白癬菌(はくせんきん)というカビの一種で一般的は(皮膚糸状菌)を完全に断ち切っていないまま治ったと思って、治療を途中で辞めてしまうことが原因です。

 

お爺ちゃんが爪水虫は削ると大変なことに!

 

白癬菌は水虫薬の攻撃を受けると、多くは殺されますが、角質層の奥深くで殻に隠れて身を守って生き残るものもいます。
白癬菌(はくせんきん)は人ばかりではなく動物にも感染します。
自宅で簡単に白癬(はくせん)をやっつける方法とは?

 

爪には白癬菌から身を守る力がありません。
そのために、最初は一部だけについた白癬菌がどんどん根深く広がっていきます。

 

再発しないようにするには、まずは病院に行って白癬菌かどうかを検査してもらう必要があります。
白癬菌は顕微鏡で検査しないとわかりません。
爪水虫の初期症状は?

 

症状が悪化している原因が白癬菌だと判断されたら、白癬菌を完全に体内から追い出す必要があります。
あとは日ごろから水虫菌をよせつけない予防策をしっかりとすることです。

 

 

最初は病院(皮膚科)に行って診断を受けます。
医学的には白癬菌が原因の皮膚病のことを言います。
水虫のような症状だとしても白癬菌が原因でないものは水虫ではありません。
かぶれや湿疹で水虫に見えても、白癬菌とは別の細菌感染が原因の可能性があるからです。

 

本当に水虫なのかどうかを確認してから治療することが重要です。

 

 

一般的な水虫用の塗り薬では効果が中々見えませんでした。
その原因は爪の性質にありました。

 

爪はたんぱく質からできています。
皮膚のたんぱく質とは異なって、硬いたんぱく質でできているので「何かが入り込む」には難しい性質があります。

 

爪水虫は爪の奥まで白癬菌が広がっていることが多く、白癬菌をターゲットにした爪の奥まで浸透させて消滅させてくれるのが爪専用の浸透型塗り薬です。

 

爪の表面には「親油性・しんゆせい」の膜があるので、有用成分をオイルで包み込んで根深い水虫菌までスピーディにしっかりと浸透することに特化した爪水虫専用のジェル状塗り薬を使う人が多いのですね。

 

 

>>爪水虫の根本対策「クリアネイルショット」の詳細はこちら