爪水虫を根絶させるなら クリアネイルショット

病院でもらう爪水虫用の飲み薬の副作用の怖さとは?

 

 

>>爪水虫専用ジェル/『クリアネイルショット』の詳細はこちら

 

白癬菌で使う飲み薬の役割には?

 

白癬菌に感染して塗り薬では、中々治らない場合には内服薬で治すことになります。

 

爪水虫の再発させる原因となる白癬菌の正体とは?

 

 

飲み薬は身体の中から水虫菌(白癬菌)の繁殖をとめて殺菌する役割を果たしてくれます。
カビ(白癬菌)を包む細胞膜にダメージを与えて、菌を死滅させる薬です。

 

服用した8割の方が1年後には完治が期待できます。

 

皮膚科でもらう飲み薬には肝臓や腎臓に影響することがある

 

爪水虫(白癬菌)の治療で使う飲み薬には副作用にきをつけなければいけません。
肝臓や腎臓に副作用があることがあるからです。

 

米国では水虫患者は1億2千万人
日本では2千万人

 

と言われています。

 

海外で死亡例は結構あって、日本では2004年に死亡例があります。

 

飲み薬を服用中には血液検査が必要になります。
中には血液検査をしない病院もあるので、血液検査をしない病院は転院したほうが
無難でしょう。

 

連続服用はからだに負担が大きいのえ1週間飲んで3週間休んでという飲み方をします。

 

ラミシールという薬は、塗り薬・飲み薬・スプレーなどの種類があるので医師に相談してみてください。

 

爪水虫の飲み薬は主に2種類

 

テルビナフィン(薬名:ラミシール)
イトラコナゾール(薬名:イトリゾール)

 

 

テルピナフィン(ラミシール)について

 

1日1回1錠の服用を6か月間。
1か月分の費用4,300円×6か月=約26,000円(健康保険適用で)

 

 

イトラコナゾール(イトリゾール)

 

1日2回(朝4錠・夜4錠)の服用を1週間継続したあと、3週間服用しないというサイクルを3回繰り返します。

 

1か月分の費用10,500円×3か月=約31,500円(健康保険3割適用で)

 

保険適用でも高いですね。

 

2つの薬は飲む期間と回数が違うので生活スタイルに合わせて処方してもらいましょう。
身体の中から爪水虫を死滅させることができるのは、長い間悩まされたきた患者さんにとっては
魅力的ですね。

 

<主な副作用>
胃部不快感・下痢・吐き気・腹痛・胃部膨満感・めまい・頭痛・食欲不振・味覚異常・発疹・
かゆみ・乾癬様発疹・血清病様反応(蕁麻疹、発熱、関節痛)・蕁麻疹・紅斑・光線過敏性反応・
顔面浮腫・リンパ節腫脹・多形紅斑・水疱性皮膚炎など

 

 

服用できないと判断される例

 

肝機能障害がある人

他の薬と一緒に飲む人

おなかに赤ちゃんがいたり高齢の人

 

自宅で簡単に白癬(はくせん)をやっつける方法とは?

 

 

爪水虫用のジェネリック薬について

 

内服薬はイトラコナゾールは保険適用でも1週間分で高額になるのでジェネリックを希望すされる方も多いです。

 

ジェネリックは有効成分は同じですが製造方法の違いで微妙に効果が違うことも考えられます。
内服薬の種類はいくつかあるので、医師と相談されるといいでしょう。

 

 

 


クリアネイル 病院でもらえる?

 

 

残念ながら病院ではもらえません。

 

病院では処方箋薬クレナフィン(塗り薬)を処方されることが多いようです。
後、多いのは毎月通い続けて処方箋ラミシール(飲み薬)血液検査が必要です。肝臓への副作用があるためです。

 

クリアネイルは現在特許を取得していて、アメリカの薬局で爪水虫治療の爪水虫専用塗り薬として売られるようになりました。

 

>>爪水虫専用ジェル/『クリアネイルショット』の詳細はこちら