爪水虫を根絶させるなら クリアネイルショット

自宅で簡単に白癬(はくせん)をやっつける方法とは?

 

>>爪水虫専用ジェル/『クリアネイルショット』の詳細はこちら

 

白癬(はくせん)とは白癬菌というカビが手足や指の付け根などにくっつく皮膚の病気を水虫とよんでいます。

 

爪水虫の再発させる原因となる白癬菌の正体とは?

 

白癬菌が中々いなくならずに再発する率は50%と言われています。

 

原因は

 

・白癬菌かどうかわからずに、水虫だと思って勝手に市販薬など治療をしている
・水虫専用薬を使っていない
・いつも足を綺麗にしていない
・完治するまで油断してしまった・・

 

などがあげられます。

 

 

早くに白癬菌をやっつけるには、まずは病院に行って、白癬菌に感染しているの判断してもらってください。
そうでない場合もあるからです。

 

白癬だとわかったら、自宅でできることも同時にやっていくことが早く完治させる近道になります。

 

自宅で気をつけること

 

日常的に足や手を清潔に保つことが大切です。

 

常に皮膚は乾燥させておくこと
帰宅後は足をよく洗う
蒸れやすい靴や靴下をさける
靴の長時間履きっぱなしをさける
靴は何足かを履きまわし、よく干す
バスマットやスリッパの共用をさける

 

 

自宅で白癬菌をやっつける方法は

 

民間療法です。

 

冷水や氷水で冷やします。
冷水や氷水で1分以上、足の感覚がなくなるまでひやします。

 

白癬菌は低温だと眠ってしまって鈍るので、そのタイミングで市販薬を塗ったり殺菌しましょう。

 

これも確証されたことではないです。

 

 

にんにくやアロエや酢で治る?

 

答え 酢は水虫対策しては有効といえます。

 

にんにくはアリシンという成分で殺菌作用があるので白癬菌の殺菌に効果を期待されていますが何の根拠もない

 

アロエは消炎作用があるからかゆみという症状には有効

 

酢は殺菌・抗炎症作用・消毒の効果があるので水虫対策として有効といわれています。

 

白癬はしつこい菌なので一度、治ったと思ってもまた再発するリスクが高いです。
治ったしても、まだいるかもしれないのでしばらくは続けたほうがいいとされています。

 

そのためには自宅で簡単に続けられる治療がおすすめです。
日ごろのケアをしながら、毎日、1日一回塗り薬を塗る方法なら続けられますね。

 

爪水虫には爪の奥まで白癬菌が広がっていることが多く、白癬菌をターゲットにした爪の奥まで浸透させて消滅させてくれるのが爪専用の浸透型塗り薬です。

 

爪の表面には「親油性・しんゆせい」の膜があるので、有用成分をオイルで包み込んで根深い水虫菌までスピーディにしっかりと浸透することに特化した爪水虫専用のジェル状塗り薬を使う人が多いのですね。
お爺ちゃんが〜爪水虫は削ると大変なことに!

 

>>爪水虫専用ジェル/『クリアネイルショット』の詳細はこちら